ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
コンテンツの始まり

「Noisyラボ・ジャパン」見学会

RFIDの導入を検討しているお客さま向けにRFIDのデモ施設「Noisy ラボ・ジャパン」を提供しています。
Noisy ラボ・ジャパンでは実際の運用を想定した環境で、RFIDの一括認識テスト用の大型ゲート設備や、高速ベルトコンベヤで高速移動認識テストを行なうことができる設備などが揃っており、それぞれの検証を通じてRFIDの導入を検討されているお客さまに対して事前検証作業を行うことが出来ます。また、各種セミナーや研修も行なっており、ラボを通じてRFIDの普及の啓蒙活動にも取り組んでいます。

『Noisyラボ・ジャパン』の見学について

Noisyラボ・ジャパン

見学会は、原則毎月第4金曜日に定期的に開催しています。また、見学内容・時間などお客さまのご要望に合わせた個別見学会の開催も可能です。なお見学会への参加には事前の予約が必要となり、当ウェブサイトよりお申し込みいただけます。

見学会のスケジュール

  • 5月26日(金)
  • 6月30日(金)

『Noisyラボ・ジャパン』の特徴

  • 顧客の現場に即した、「電波的ノイズが多く発生する環境(”Noisy”の由来)」を実現し、データの読み取りノウハウや、読み取りに適した速度限界の測定などが可能です。
  • 実際に国際・国内製造業、物流業、小売業で利用されているコンベヤ装置、パレット、パッケージ、フォークリフト等を用意しています。現実のオペレーションに即した実験が可能です。
  • 多角的な視点でのノウハウを提供するとともに、日本の事情に即したサービス提供が可能です。
  • 施設の利用にあたっては、メニュー化されたサービス体系と、コンサルティングベースの個別見積もりの両方に対応など、きめ細かいサービスを提供いたします。

『Noisyラボ・ジャパン』で検証できること

3つのシナリオを設定し、お客さまのご要望に即した形での検証が可能となっています。

高速コンベヤ移動認識テスト

製造行程シナリオ(Manufacturing Yard)

80m/s、100m/s、150m/sで速度調整可能なベルトコンベヤを備え、製造・流通行程でのRFIDタグ読み取りをシミュレーションすることが可能です。

  • 高速認識デモ

入出荷一括認識テスト

入出荷バースシナリオ(Receiving & Shipping Door)

サプライヤーからの商品の受け入れ、および、出荷検品のプロセスの連携をシミュレーションすることが可能です。

  • 一括読取りデモ
  • TAPを活用したRTI(物流器具)の管理システムデモ

タグ検証ツール

流通搬送シナリオ(Supply Chain Yard)

タグ性能は貼り付ける商品タイプ、場所、角度により読取り性能は大きく異なります。それを検証するためのトライアル・アンド・エラーでのテストでは定量的な判断が難しく、また作業は大きな負担です。
タグ検証ツール(ODIN社:Easy Tag™)は科学的手法によりこれらの問題を解決し、定量的なタグ検証を容易に実現します。

  • ODIN(タグ検証ツール)

その他、検証や見学ができること

  • お客さまの荷物を持ち込み、実際の工場・倉庫での使用を想定しての検証ができます。
  • 自由に比較検討ができるように、メーカー、生産国を問わず、さまざまな種類のタグ、読み書き装置、プリンターを設置しています。
  • データの読み取り状況を確認しながら試験できるように、RFID用のモニタリングツールを備えたシステムを設置しています。
  • 各社のノウハウを備えた当社のコンサルタントが、中立の立場からシステム構築をお手伝いします。

見学にお越しいただいたお客様の声

  • 国際物流総合展では知ることのできなかった、深い知識・事例を知ることができました(運輸業)。
  • 高速のベルトコンベヤに対する読み取り制度が確認できてよかったです(小売業)。
  • 大学教育の面から、学生達にも見学させたい施設です(大学)。
  • よく準備されていて、説明も丁寧で理解がしやすかったです(製造業)。
  • コンパクトに分かりやすく設定されており、理解が深まりました。大変勉強になりました(商社)。
フッターの始まり